代表挨拶

株式会社コウキ 令和新体制のごあいさつ

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
また、平素は格別のお引き立てを賜り、衷心より厚く御礼申し上げます。

平成から令和に移りゆく記念すべきこの大きな節目にあって、私ども株式会社コウキも
新たな次元への移行を目指してまいります。
新たな令和の世に大きく期待感を寄せたいと思う一方、今後わが国は世界に類を見ない速さと規模をもって人口の大幅減少に直面しなければなりません。
人口1億2千万人がおよそ8000万人強になり、なかでも労働力世代の減少が著しく進行する、この事態が未曾有の困難を日本社会にもたらすであろうことは自明のことであります。

私どもコウキの新次元とは、理念と業務の全てを、この環境条件を
前提にリセットすることであります。
すなわち、
1 プラントセットメーカーとして独自技術を核としたより付加価値の高い業務を遂行する
2 その付加価値とは「省人化」であり、それにまさる付加価値はないと認識する
3 獲得した付加価値を強く人件費に分配することが経営の至上命題と認識する

以上3点をもって、「企業の生産性を引き上げ、賃金を引き上げること」
こそ、収縮する社会における経営の命題であると決意いたします。
社主として私どもコウキを後見し続ける前代表取締役杉田光男とともに、本リセットは既に
強く共有いたしました。杉田のそもそもの強い願いでもあったからです。

社員一同、お役に立ち愛される会社として一層の奮闘をしてまいります。
今後とも引き続きご愛顧賜りますよう、伏してお願い申し上げます。

令和元年7月1日
株式会社コウキ 代表取締役社長

浅川岳彦

写真:浅川岳彦