土壌洗浄処理プラントの基本フロー図と特徴

システムの特徴

・大量汚染土壌を短時間で浄化。
・洗浄水を極力抑え、循環利用する。
・省スペースでのオンサイト処理を実現。
・無害化された土は再利用が可能。
・熱処理や科学分解処理に比べ低コスト処理が可能。

システムの概要

①汚染土壌は磨砕機に入る前に>40mmを回収し、破砕後再利用
②磨砕機で浄化後、5~40mm、5~75μmを回収し、建材として再利用
③<75μmは浄水として水処理プラントで、水と75μm以下の微粒子を不溶化後回収し、
産業廃棄物(脱水ケーキ)として埋立処分。水は浄化水として再利用。

品質管理

①回収されたものは1回/100の浄化確認のための分析試験を実施。
②脱水ケーキも1回/100の分析試験を行い埋立基準をクリアしているかを確認。
③上記確認試験の結果が判明するまでは保管ヤードにて保管。
④もし、不合格となった場合は再浄化。

環境管理

①搬入車両は、荷卸後タイヤ洗浄を行い場外へ。
②処理前土壌は風雨の影響を受けない様、屋根の下で保管。
③1回/月粉じん測定を行い有害物質の飛散を確認。

土壌洗浄の流れ(例)

浄化手段の有効な実績

我々の汚染土壌浄化システムでは、技術的に主として「重金属汚染」「油汚染」「ダイオキシン類汚染」を浄化する手段として有効な実績を持っております。

浄化土の工程別サンプル